イチジク10月

9月1日
↑9月1日
↓10月1日
10月1日

うーん、やっぱりこの角度からの写真は
失敗ですね・・・
全然違いがわかりません。
わかることと言えば、
雑草がとりきれなくなっていることくらいですね。
やっぱり来年は撮る位置を変えようと思います。
スポンサーサイト



theme : 農業
genre : 就職・お仕事

めでたい

私には妹が二人いるのですが、
下の妹がこの度里帰り出産をし、
病院から退院してきました。

これまたコロナのために、
病院内に入れるのは妊婦さんのみ。
立ち合い出産は当然のこと、
旦那さんですら退院まで
自分の子供の顔を実際に見られないという
悲しい状態です。

欧州では感染者数が激増しています。
元の生活に戻ることは無理でも、
普通の生活になるのに
どれくらいの時間がかかるんでしょうね。

theme : 子育て
genre : 育児

入学説明会

長男の小学校入学説明会がありました。
例年であれば、
親が体育館で説明を受けている間に、
子どもはお兄さんやお姉さんに連れられて、
各種診断を受けます。
私が新小学1年生になるときもそうでした。

今年は予想通りコロナ対応で、
保護者がついて診断を回ります。
その後説明会なので、
例年よりも長いのです。

子どもには大変だったと思いますが、
私はかなり久しぶりに
学校の中が見られて楽しかったです。
図書室の場所とか全く変わっていませんでした。

theme : 子育て
genre : 育児

ミツバチ

よつぼしの花が少しずつ咲いてきましたので、
そろそろミツバチを手配しなければ。

一昨年は早く手配しすぎましたので、
去年はちょっと遅くしたら若干遅い感じに・・・
今年は良いタイミングになると思うのですが。

theme : 農業
genre : 就職・お仕事

イチゴハウス内に虫が発生しています。
1mmも無い黒色の虫です。

イチゴの天敵ハダニではなさそうです。
また、この前放飼した
ハダニの天敵カブリダニでもなさそうです。
アザミウマとも違います。
一番似ているのはアブラムシかな
とも思うのですが、違う感じがします。

ネットでも画像を探してみたのですが、
これだ!
と言うものは見つからず。
明らかに先週より増えています。
イチゴの葉っぱについているわけではなく、
通路とマルチの境界ぐらいにたくさんいます。

イチゴについているわけでは無いので、
害虫では無いのかもしれません。
とは言え、明らかに増殖しているので、
何かしらを餌にしているのは
間違いないでしょう。

無駄に農薬を使いたくは無いですが、
増えすぎて害虫だった場合
被害が大きいですし、
駆除にたくさんの農薬が
必要になるのも困りものです。

うーん、どうしたものか・・・

theme : 農業
genre : 就職・お仕事

休日

イチジクの収量もかなり落ちてきて
時間に余裕ができましたので、
先日堀内公園へ行きました。

我が家は基本的にお出かけは
人の少ない平日にすることが多いのですが、
長男、次男を連れて行こうとすると
どうしても代休や長期休みに限られます。
せっかく時間があるので休日でも
行ってみよう!と向かったのですが、
めっちゃ混んでました。

とは言え、周りで話している人が
「今日はちょっと人が多いね」
と言っていたので、
休日ならこんなものなのかもしれません。

混んでいたおかげと言うかなんと言うか、
同じ年にイチジクを始められたご夫妻に
ばったり遭遇したり、
同じ幼稚園の子が9人もいたり、
たくさん知り合いに会えました。

休日も平日もどっちもそれぞれに
良いことがありますね。

theme : 子育て
genre : 育児

開花

よつぼしの花が咲きました。
よつぼし
先日のブログで25日までにとても咲きそうにない。
と言いましたが、咲きました。
生育状況から先を予想するのが
まだまだへたくそですね・・・

精度を上げていきたいものです。

theme : 農業
genre : 就職・お仕事

イチゴ2年目振り返り

もう今シーズンのイチゴの出荷が始まりそうに
なっていますがようやく昨シーズンの振り返りを。

まず、農薬の使用量で言うと、

100点!

だと思っています。
1年目はハウス内にハダニを持ち込んでしまい、
シーズンを通してハダニの被害に苦しみました。
そのため、ハウス内への持ち込みを気を付けました。
その結果、天敵による防除だけでほぼ
ハダニの発生を防ぐことができました。
あまりに、農薬を使用しないので心配で
定植後に予防目的で殺ダニ剤を使用しましたが、
1度だけです。
殺菌剤を合わせても、定植後は
8か月の間に7回と月に1度より少ない回数です。
前年が16回。部会の防除暦通りにやった場合には
毎週ですから30回以上。
1/4以下に減らすことができました。
病気が発生したため、ハダニが発生したため
と言った理由で散布したわけではなく、
発生はしていないけれども発生しないように
予防目的での散布です。
そのため、正直瑞実農園ではこれ以上の
農薬の削減は厳しいと思っています。
今回のサイクルをベースに
今後も考えていきたいと思います。



次に、目標の収量(紅ほっぺの場合)を
基準に点数をつけると、

61点!

1年目が60点でしたから
ほんの少しだけアップしました。
1年目に失敗した育苗は成功したと思います。
2月末から3月にかけての
かん水量を絞りすぎたことが
収量の少なかった原因だと思います。
水をやりすぎると、収量は増えますが、
甘みは減ってしまいます。
そのため、できるだけかん水量を
減らしているのですが、絞りすぎてしまいました・・・

とは言え、適度なかん水をしていたとしても、
80点行くかどうかだと思います。
残りの20点は品種の問題だと思います。
紅ほっぺに比べるとどうしても
収量が少ないのはしょうがないですね。

紅ほっぺの場合、季節とともに段々と
芽を増やしていきます。
最初は1芽で管理していても、
最終的には4芽ほどにします。
しかし、瑞実農園では最後でも2芽にしました。
芽を増やした方が、
1個当たりの実は小さくなりますが、
合計収量は当然増えます。
紅ほっぺの場合は、もともとが大きいので、
小玉になってもそれほど気になりませんが、
よつぼしの小玉は本当に小さいのです。
そのため、芽をあまり増やせません。

新シーズンはずっと1芽で管理しようと思います。
昨シーズンの最後は、2芽管理でも
小さい実ばかりになってしまい、
シガ食堂さんのパフェのてっぺんにのせる
大玉の量がかなり少なくなってしまいました。
そのため、1日に提供できるパフェの数が、
瑞実農園のせいで制限されるという結果に。

産直で販売している場合、
瑞実農園のイチゴが良くて購入してくれたのか、
イチゴが欲しくて買ったものがたまたま
瑞実農園のものだったのかどちらかわかりません。
シガ食堂さんの場合、
瑞実農園のイチゴが良くて
買ってくれているわけですから
何とか対応しなければいけません。

と言うわけで、
1芽管理だと良くて70点くらいにしか
ならないかもしれませんが、
シーズンを通して大玉が採れるように
栽培をしていきたいと思います。

theme : 農業
genre : 就職・お仕事

圧巻

野球の記事は贔屓のチームが
違う方もいらっしゃるのでできるだけ
書かないようにしているのですが、
今回だけは書かせて下さい。

大野投手凄すぎです!

昨日の完封勝利で、
今シーズン6完封、10完投、10勝。
防御率1.79です。
今シーズンの中日には
鉄壁のリリーフ陣がいるのにも関わらず、
大野投手が投げる日はリリーフ陣を
休ませる計算ができるのも凄いです。

今シーズンの沢村賞は菅野投手で
決まりだと思っていましたが、
分からなくなってきましたね。
直接対決では負けていますが、
沢村賞と言えばやはり完投数も大事!

心配なのは今シーズンFAの権利を
獲得しましたので、来シーズンは
阪神や巨人あたりに移籍していないかです。

theme : 田舎暮らし日記
genre : ライフ

販売

イチジクの収量がかなり減ってきました。
以前にも書いたのですが、
恐らく販売は10月いっぱいかなと思います。

イチジクが終わると次はイチゴが始まるわけですが、
昨年は10月25日に咲いたよつぼしの花が、
今年はまだ咲いていません。
後3日で咲くかと言うと少し厳しい気がします。
少しずつつぼみはできています。
昨年は11月末から少しずつ採れだしたのですが、
今年は12月に入ってからになるかなと思います。

theme : 農業
genre : 就職・お仕事

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR